住宅エコポイントに注目して不動産をもっとお得で快適に購入

債権の移転

住宅ローンの債権は銀行から保証会社に移転します

住宅ローンの返済が困難になった場合、延滞が続くと債権は銀行から保証会社に移転します。保証会社が代位弁済によって銀行の債務を弁済して債権が保証会社に譲渡されるのです。 そこからは、返済や担保処分の交渉は保証会社とすることになります。住宅ローンの借入を自宅の売却によって弁済する方法に競売と任意売却がありますが、任意売却が増加しています。保証会社にとっては任意売却は手間がかからず、競売よりも高い価格で売却できる可能性が高いので、債権の回収においてプラスになります。 住宅ローンを借りている立場の人は返済が滞っている事情などを正直に保証会社に説明して、任意売却を認めてもらえるように交渉することが重要になります。

親族に買い取ってもらう任意売却が増加しています

保証会社は一定の期間を設けて、その間に任意売却をするように住宅ローンの借入をしている人に説明します。無期限に任意売却を認めることはできません。その間にも延滞利息は発生しているからです。 住宅ローンの任意売却で多いのは、担保不動産を親族に買い取ってもらうものです。売却した資金で債務を弁済して、その後は買い取った親族から住宅を賃借するのです。自宅の所有権は失いますし、その後は賃借料の支払も必要になりますが、同じ住宅に住み続けることができます。子供の通学などの問題は解決しますので、この方法が多くなっているのです。 自己資金で買い取ることのできる親族がいれば良いですが、親族が新たに住宅ローンを借りなくてはならないケースもあります。